■“歯の悩みQ&A”のコーナーで、「矯正に年齢制限はありますか?」などのご質問にお答えしています。

【ながさきプレス 2006 6月号 「歯の悩みQ&A」】

記事

Q.矯正に年齢制限はありますか?見た目や痛み、値段も気になります。

A.歯ぐきに炎症がなければ、何歳でも可能です。
目立たず痛くない装置もあり、分割払いも可能ですよ。

「矯正は子どもだけと思われがちですが、歯ぐきに炎症さえなければ、矯正治療は何歳からでも可能です。最近は子育て中のママの患者さんも多いですし、中には60代の患者さんもいらっしゃいますよ。60代の患者さんに関しては、矯正で10歳は若返って見えることもありますし、あわせてホワイトニングも行うことで、20歳は若返って見える、と喜んでいただいた事もあります。30代、40代の方でも矯正治療の後に歯を白くすることで、見た目も若々しくなります。
目立たない矯正をご希望なら、矯正装置を裏側に着けたり、透明なセラミック素材を用いたり、白いワイヤーを用いるなど、矯正装置の取り付け方や色にいくつかの選択肢があります。また、歯が動くときに痛みが出ることがありますが、当院では痛みが出にくいように歯に力の負担がかかりにくいワイヤーを使用しています。お値段に関しては分割でのお支払い方法もありますので、月々1~2万円でのお支払いも可能ですのでご安心下さい。
まずは予算や期間、見た目など、何を優先して治療にあたるか、じっくり相談していきましょう。
当院では矯正が中心ですが、ほかにホワイトニング・ホワイトコートや顎関節症の治療なども行っています。モットーは『ステキな笑顔で幸せに』です。アットホームな雰囲気の中で、ゆったりと治療を受けて頂くことができますよ。」

■Point 1
目立たない矯正
矯正装置は表側に着けるか、裏側に着けるか。また表側に着ける場合、透明なセラミック素材にするか、メタルにするか。そしてワイヤーを白くコーティングされた物にするか、通常のメタルにするか。取り付け方や色にいくつかの選択肢がある。それぞれを部分的に使用することも可能。

■Point 2
様々な症例を治療

開咬・空隙歯列(すき歯) 26歳/女性
あごを閉じても、上下の前歯が開いている状態が「開咬」。歯の間に隙間ができている歯並びが「空隙歯列(すき歯)」。マルチブラケット法により、1年5ヶ月矯正治療を実施。
上顎前突(出っ歯) 9歳/女児
下の歯よりも上の歯が出ている状態が「上顎前突」。1年間上顎前歯の治療を行い、11歳の時にマルチブラケット法により11ヶ月矯正治療を実施。
叢生(八重歯、乱ぐい歯) 22歳/女性
あごに対して歯が大きいと、歯が重なりあって生えてくる。この状態が「叢生」。マルチブラケット法により1年4ヶ月矯正治療。
反対咬合(受け口) 19歳/女性
下の歯が上の歯より前に噛んでいる状態が「反対咬合」。マルチブラケット法により1年6ヶ月矯正治療を行った。


■スタッフからのメッセージ
「大人の患者さんの場合は、長年気になっていた歯並びをご自身で決断して治療にあたられるだけあって、矯正治療が終わってからの感動が大きいようです。ぜひ、みなさんもキレイな歯並びを手に入れる感動を味わって見て下さい!日曜も診療していますので、平日にお仕事の方も気軽にご相談下さいね。」

広告