■長崎県保険医協会の健康テレホンサービスでお話しています。

【長崎県保険医協会の健康テレホンサービス 平成17年5月】

平成17年5月の長崎県保険医協会の健康テレフォンサービスで、ホワイトニングについてお話しています。
24時間テープによるサービスで、電話番号は長崎095-826-5511、佐世保0956-23-4300です。
金曜日に「歯を白くしたい」というテーマについてのテープが流れます。内容は以下の通りです。


歯を白くしたい

歯はいろんな原因での変色をします。年をとれば歯の色は黄色みを帯びてきます。また、お茶やコーヒー、タバコによって、歯の外側に着色が起こります。歯の神経が死んでしまった時や、古い詰め物によって変色することもあります。また、発育期に飲んだ薬によっても歯の変色が起こることがあります。

このような変色した歯は歯磨きだけでは白くなりません。このような方には歯のホワイトニングという治療法があります。しかし、すべての方に適応でき、白くなるというわけではありませんので、まずは歯科医師による診察、診断を受けてください。

ホワイトニングの方法は、病院で歯に薬を塗って白くするオフィスホワイトニングという方法と、ご自宅で歯に薬を塗るホームホワイトニングという方法があります。オフィスホワイトニングの場合、1~3回の通院で行います。ホームホワイトニングの場合は、まず歯のトレーを作成し、そのトレーに薬を入れて2週間、一日2時間お口に装着します。

治療中の注意として、着色しやすいカレーやコーヒー、タバコはひかえる、歯がしみたりするので酢の物などは避けるなどがあります。

効果の持続については、処置前の状態に戻ることはありませんが、タバコやコーヒーなどの着色や、年をとることによる変色は起こります。必要なら再度ホワイトニングを行うこともできますが、健康で白い歯を保つためにも定期的な歯のクリーニングを続けることが大切になります。ただし、ホワイトニングは一般に保険診療の対象にはなりません。

広告